読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのすけ心理ブログ    心理×旅×人生

2浪して偏差値42、26歳で鬱病ニートになったダメ人間が、心理学で人生を変えられるが実験してみた。

2017年5月に地球が滅びるとしても。

心理 人生

どうも、しんのすけです。

 

 

「今は勉強と思って、我慢しなさい。」

「そんなことで人生は決まらないから、大丈夫。」

「何とかなるから、心配しなくていいよ。」

 

人生にとってこういう言葉は

とっても甘美で、優しい言葉。

 

 

もう自分の好きなことしかしない!

と覚悟を決めた後、日常生活の中で

「自分の気持ち」にフォーカスすることが

かなり多くなりました。

 

「あ〜これホントにやりたくない。」

「これちょっと好きかも。」

「死ぬほど好きってワケではないかな〜。」

 

などなど、

自分にとっての最適解を探していました。

 

 

自分って何をすれば幸せを感じるのか??ってことです。

 

 

これまで、一番嬉しかったことを紙に書き出して見ようとしても

中々思いつかない。

 

よく自己啓発の本で

「目の前の全てのことは奇跡」なんて言葉をよく目にします。

 

 

まさにその通りです。

 

奇跡なんて、毎日、毎分、毎秒起こっています。

 

今日、僕が買った缶コーヒーも

どっかの誰かがコーヒー会社を立ち上げて、

どっかの誰かがコーヒー豆を育てて、

どっかの誰かが加工して、

どっかの誰かがトラックで僕の家の近くのコンビ二まで運んで、

どっかの誰かがトラックが走る道を作っていて、

どっかの誰かがコンビ二を経営する決意をして、

どっかの誰かがそのコンビニでバイトをすることを決めて、

僕があの時間に近くのコンビ二に行き、

僕が多くのコーヒーの中からあのコーヒーを好んで飲んでいて

僕がその経験から、いつものようにそのコーヒーを選んで

どっかの誰かが買う前に、僕は今、この缶コーヒーと巡り会った。

 

バカバカしいと思うかもしれませんが、

この行程の1つでも欠けたり、

携わった人が1人でも欠けると、

僕とこの缶コーヒーは巡り会わなかった。

 

 

電車で隣り合ったオッサンでも

オッサンの両親がいなければ

その両親の両親がいなければ

 

 

自分の隣にそのオッサンは座っていなかった。

 

 

つまり、奇跡は常に起きていると言えるし、

全ては『偶然』をいう言葉で片付けることも出来る。

 

 

僕はどっちかというと

「全ては奇跡」と思いたいタイプ。

 

科学的根拠とか、神の存在を信じたいから、

とかでありません。

科学に完璧は無いし、神は信じるにはあまりにも脆すぎる。

 

じゃあなぜ「全ては奇跡」と思いたいのか。と聞かれたら

そっちの方が楽しいから。と答えます。

 

つまり、どう思うかは自分の自由なら、

奇跡と思った方が素敵じゃないですか。笑

 

 

でも…

 

 

そういう生き方も、実は息苦しい。

 

ある段階でこの「こじつけ」に限界がくる。苦しくなってくる。

もちろん全ては奇跡ではあるけど、その「奇跡」っていう言葉に

甘えてしまって、目の前の現実から目を逸らしてしまいそうになる。

 

 

ある種のスピリチュアル野郎みたいな感じですよね。笑

 

もちろんスピリチュアルは否定しないですが、

現段階では、僕にとってそれは不自然で気持ち悪い。

 

 

辛いことがあると

「これは奇跡、これは奇跡」と

呪文のように唱えている人もいます。

 

でも目の前の問題は消えない。

 

 

最初の話に戻ると

「今は勉強と思って、我慢しなさい。」

「そんなことで人生は決まらないから、大丈夫。」

「何とかなるから、心配しなくていいよ。」

 

それも一利あるんですが

僕はこの言葉に甘えすぎていた節が少なからずある。

 

でも、練習、テスト、修行、鍛錬、新人、

よく『通過点』と言われていますが

通過点だからって、斜に構えてたら、

何も手に入らないんだな。と最近思うようになりました。

 

 

ビジネスの世界でも多いのが

「早く月収○○万円になりたい!」

といって目の前のことをおろそかにする人がいます。

 

 

例えるなら

イチロー選手が素振りの手を抜くって感じです。

 

 

目の前のことに没頭する。

 

 

その先に道が開けるんだな〜。と。

 

 

「全力でやる。」

後の成果が失敗だろうが、成功だろうが

結果て言うものは常にコントロールできない。

 

 

だから、「自分は全力でやりきったんだ」

っていう充実感ぐらいは欲しいですよね。笑

 

 

後ろめたさがある時は

自分の本心にウソ付いたり

全力で頑張れたのに、頑張らなかった時だな〜と

思ったので記事にしました。

 

 

では今日はこれで。

 

 

 

しんのすけ

 

 

 

 

広告を非表示にする