読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのすけ心理ブログ    心理×旅×人生

2浪して偏差値42、26歳で鬱病ニートになったダメ人間が、心理学で人生を変えられるが実験してみた。

私に職をください。

どうも、しんのすけです。

 

メルマガで頂いた質問です。

 

================

質問:

前の会社で鬱病になってしまい、

退職してしまいました。

退職後、半年間以上も就職活動を

していますが、採用が得られず

精神的に落ち込んでいます。

何かアドバイスを頂けますでしょうか??

================

 

この他にも

「就活が上手くいきません。」

「転職を繰返してしまいます。」

「フリーターになってしまいました。」

という様な質問を多く頂きます。

 

 

僕も悩んだことがあります。

鬱病ニートをやってましたから。

 

会社を辞めた当初は

「20代後半でニート…。最終学歴も偏差値42の底辺。もう人生終わりじゃん…。」

 とかなり落ち込んでいました。

 

 

 しかし、あるときふとこんな考えが浮かびました。

 

原始時代に生まれれば良かったのに…。

 

原始時代に生まれていれば

就活なんてないし

決まった時間に起きるような強制システムも

残業もないし、スーツも着なくていいし。

 

 

ぶっ飛んでますが、マジでこう言うことを考えていました。

 

その時気づいたんですね。

「あれ…定職に就かないことって別に悪いことじゃなくない??」

 

原始時代の人は就活も、スーツも、残業もしなくても

生活できたのに、現代で先進国にいる自分が生活出来ないはずないじゃん。

と思ったんです。

 

 

つまり、結論をいうと

就活なんて失敗してもOKだということです。

 

オイオイ…待ってくれよ…と思うかもしれませんが

もう少し聞いてください。

 

 

 

 

僕らは赤ちゃんの時は

何の固定観念も持っていません。

 

電車で騒いでいる人を見ようが

歩きタバコをしている人を見ようが

フリーターを見ようが

 

「ばぶー。」

 

です。

 

つまり、『良い』『悪い』なんて判断はしません。

 

 

それがいつの間にか、親や教師やテレビから

「これは悪い」「これは良い」という刷り込みを受けます。

 

もちろんそれは教育の一環で、

必要な部分もありますが、

中には、必要のない「良い」「悪い」も含まれます。

 

 

例えば

・太っている人はみっともない

・フリーターはダメだ

・ブサイクはダメだ

・失敗するのは悪い

などなど。

 

 

もともと「ばぶー」だったものが、

いつの間にか

「太ってるやつはダメだ」と差別するようになり

「太ってしまうのはダメだ」と自分が気になり

 

「フリーターはダサい」と差別するようになり

「フリーターになるとヤバい」と恐怖するようになり

 

「ブサイクはキモい」と差別するようになり

「ブサイクな自分はヤバい…」と自己否定に陥り

 

「失敗はダサい」と笑うようになり

「失敗しないように…」と怯えるようになる。

 

 

最初は『ばぶー』だけで済んでたのに!!笑

 

良い悪いの固定観念を持っていれば持っているほど

悩みは多くなるし、人生は不自由になっていきます。

 

 

「良い」範囲に留まり、「悪い」部分にいかないように、

必死です。その分悩みは増えます。

 

イメージで例えるとこんな感じ

↓↓

f:id:mansellpos:20170116205145p:plain

OKの範囲の時は精神は安定。

でもNOの範囲に行くと自己嫌悪、自己否定、精神不安定。

 

例:

OK

→正社員

正社員にならなければ

→イケメン、美女

良い服を着なければ、痩せなければ、しっかりお化粧しなければ

→年収多い

やりたいことより、給料の良い会社に就職しなければ

→学歴が良い

良い大学を出なければ

NO

→フリーター

フリーターになるのはダメだ、ヤバい

→ブサイク

ブサイクだからどうせ嫌われる

→年収低い

年収が低いと惨めだ

→低学歴

学歴が低いと社会に受け入れられない

 

 

一方で自由な人のマインド

↓↓

 

f:id:mansellpos:20170116205150p:plain

 

→正社員でもフリーターでもOK!

一回会社やめて、フリーターにでもなって好きなことを勉強しよう!

 

→ブサイクとかイケメンとかどうでも良くね!?笑

顔とかよりも実力で勝負!

 

→年収より大切なもんがあるでしょw

お金を半断基準にしてたら人生つまらない!

 

→学歴?で??笑

学校の成績悪い=頭が悪いじゃないしw

 

つまり、不自由な人は行っては行けない(と思っている)場所が多すぎて、いつも恐怖や不安まみれの人生を歩いています。

 

一方で自由な人は360度どこに行くのにも抵抗がありません。

 

 

 

 

人口知能の発達で、

色んな職業がオート化されるので

フリーターが当たり前な時代が必ず来ます。

 

つまり

サラリーマンが常識の時代から

フリーター、フリーランスが当たり前の時代が

刻々と近づいているということです。

 

 

さっさと昔の人の価値観(パラダイム)は捨てましょう!

 

では今日はこれで。

 

 

 

 

しんのすけ

 

 

 

広告を非表示にする