読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのすけ心理ブログ    心理×旅×人生

2浪して偏差値42、26歳で鬱病ニートになったダメ人間が、心理学で人生を変えられるが実験してみた。

会社を辞めることについて

人生 心理

どうも、しんのすけです。

 

メルマガの方で

「会社を辞めようと思うんですが、なかなか一歩が踏み出せません。」

という趣旨の質問を頂きました。

 

この気持ちは共感出来る人は多いと思います。

僕自身、会社員時代、残業と休日出勤で

家と仕事場を行ったり来たり。

 

家といっても、社宅で上司と一緒だったり。

(中の良い上司だったので良かったですが。)

 

いわゆる生きるために働いているのか

働くために生きているのかが分からない状態。

 

そんなある日、朝5時起きの日に少し寝坊してしまって

上司に「あと40年この会社にいるんだから、慣れないとな!」

といわれたとき、顔は笑っていましたが、

心の中は目が覚めるくらいにゾッとしてました。

 

いくら「〜したい」「〜だったらいいのにな」

と言ったところで、自分が行動しなきゃ人生は絶対に変わらない。

 

なが〜く学生生活(与えられたものをこなすだけの生活)を続けてると、そんな当たり前のことも忘れてしまうんですね。コワい。笑

 

 

しかし、一歩が踏み出せない人って多いと思います。

・辞めて何すればいいか分からない。

・転職先も同じ感じだったらやだなあ。

・せっかく就職したのに、もったいない…。

色んな思いがあると思います。

 

僕も、親や上司、友達から

色んなアドバイスを貰いました。

 

でも、帰ってくる答えは

『3年は続けろ』

『続けてたら良いことあるよ』

『皆我慢してるんだから』

などなど。

もちろん善意の人もいますが

中にはお前は考えが甘い!自分に甘い!という人も一定数いました。

 

 

その言葉に悩まされて

ずっと悩んでたんですね。

 

辞めたら負け癖がついちゃうのかな。。。

辞めたら後悔するのかな…。

奨学金借りてまで学校行ったし…。

 

とさらに悩みのループに入り込んで

迷宮入り。

3ヶ月くらいは悩んでたと思います。w

 

しかしあるとき、朝起きてフッとこんな考えが浮かびました。

「色んな人が色んなことを言うけど、お前らが俺の人生歩くわけじゃないじゃん!!」つまり、どんな人生になっても、責任を取るのは自分しかいない!!

 

人の意見に従って失敗するより、自分のやりたいことやって失敗したい!

人の意見に従って何かを得るより、自分の意思で何かを成し遂げたい!

と思ったんですね。

 

 

僕は今フリーランスとして

好きなことをしながら自由に暮らしてますが

もちろん分からないことはまだまだ沢山あります。

けど、自分で決めてるので、頑張れるし、納得がいく。

 

万が一、辛くなったり、苦しくなっても、その苦しみって

僕にしか味わえないんですよね。誰かに迷惑をかけてるわけじゃない。

自分で責任がとれるんです。

 

 

つまり、会社を辞めようが、続けようが

自分の人生の責任を背負うのは自分しかいません。

周りの人は、なーんも知りません。

 

自分に出来ることは『自分はどっちが良いか?』と選ぶことだけ!

常に決定権は自分自身が持っていることを忘れないでください。

(選択の自由の記事)

 

辞めてすぐの時期は頭ん中がごちゃごちゃしますが

いつか吹っ切れますよ。笑

 

ちなみに僕は会社を辞めて何をしたかというと

自分の生きたいライフスタイルを見つけてました。

 

 

①今やってることに残りの人生を費やすのか

②やりたいことに残りの人生を費やすのか

 

問題をシンプルにすると答えは簡単にみつかるはずです!

 

では今日はこれで。

 

 

しんのすけ

 

=================

追伸:

メルマガ登録はこちらから

しんのすけのメルマガ(購読無料)

 

質問メールは必要に応じて返信していきます!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする