しんのすけ心理ブログ    心理×旅×人生

2浪して偏差値42、26歳で鬱病ニートになったダメ人間が、心理学で人生を変えられるが実験してみた。

28歳でTOICE320点だけどノープランで海外を一人旅してみた。【タイ、バンコクからチェンマイへ行く方法】

どうも、しんのすけです。

 

「海外に言ってみたいけど、英語が…」

っていう人は結構多いんじゃないでしょうか??

 

僕も一年前はそんな中の一人でした。

 

 

海外旅行は学生時代から

ずっと「行きたい!行きたい!」と言いつつ

何もしないまま。

 

「〜したい」って不思議ですよね〜。

裏を返せば「〜できない」と思ってるってことですよね。

 

で、実際「本当にできないの?」って問うたら、

「できない」と思ってるだけってことが多い。

 

 

このままでは「海外旅行に行きたい!」

と言ってるだけのおじさんになってしまう…。

と思った僕は、1年前、思いきって航空券を取ったのです。

 

僕はTOICEは320点。

大学は偏差値42。

入学試験は数学1と英語1の言わば高校1年生が受かる大学に

2浪するくらいアホです。

 

そんな僕でも旅ができたので

海外旅行を迷っている人に向けて

シェアしたいと思います。

 

今回はタイ。

空港はドンムアン空港から、チェンマイへの行き方。

 

①空港に着いたらまず両替

日本で両替してくるのも良いですが

現地で両替する方がレートが良いという話を聞いたので

空港に着いて、空港内にある両替店で両替をします。

 

2016年11月時点で

タイの通貨(バーツ)と日本の通貨(円)のレートは

100バーツ=300円という感じです。

つまり、3分の1。

 

10,000円を両替すると大体3200バーツくらいですが

手数料を取られるので手元に残るのは

2900バーツくらいです。

 

②モーチット駅へ

空港を降りた旅人たちのほとんどは

モーチット駅へ向かいます。

 

※モーチット駅は各地域に繋がる

バス、スカイトレイン、地下鉄などが集中している場所で

中心地的な役割を成している街です。

 

 

空港の出口を出てまず感じるのが

モワッとしたタイの気温!

タイの最高気温は年間を通して30度を切ることはありません。笑

 

空港を出ると、『A1』と書かれたバス乗り場があります。

タクシーなどを使ってもモーチットには行けるのですが

圧倒的にバスの方が安いです。

 

タクシー▶︎200バーツ(600円)

バス▶︎30バーツ(90円)

 

バスでは乗ったあと、乗車中に料金を回収されます。

どこにいこうと一律30Bです。

1000B札、500B札で払うと

おつりが無い場合があるので注意しましょう。

 

 

モーチット駅に着くと、降りてすぐ、

地下鉄(通称:MRT)とスカイトレイン(通称:BTS)があります。

それぞれ行ける場所が違うので、目的地に合わせて使い分けましょう。

 

スカイトレイン。すぐ横には地下鉄に降りる階段があります。↓

f:id:mansellpos:20161127200101j:plain

 

今回は高速バス(夜行バス)でチェンマイへ向かう行程を解説していきます。

 

③モーチットバスターミナルへ

チェンマイへ高速バスで行く場合は

モーチットバスターミナルへ向かいます。

 

あの有名な「カオサンロード」からも出ていますが

バスのクオリティと値段は、モーチット発の方が上です。

(安くて快適という意味。)

 

モーチットバスターミナルの場所はこちら↓

は空港からのバスの下車位置)

f:id:mansellpos:20161127175126p:plain

 

 バスを降りてまっすぐ迎えば、徒歩20分くらいで到着します。

もし、辺りが暗いようでしたら、トゥクトゥクやタクシーを使うことをお勧めします。

 

治安はそんなに悪くありませんが

野犬や変な人は一定数いるので念のために。

 

しかし、観光客には当たり前のようにボッタクってくるのでご注意を。

モーチット駅からバスターミナルまで、約2.5km。

トゥクトゥクの相場は80〜100Bですが

何も言わなかったら200Bくらい取られます。

 

「たった100B(300円)じゃん!」と思うかもしれませんが

100Bあったらご飯が2食、食べれます!

100Bあったらミネラルウォーター500mlが14〜5本買えます!

100Bあったら服が一枚買えます!

 

初海外の方は慣れていないと思いますが

東南アジアでは値段交渉は当たり前に行なうことなので

早めに慣れておきましょう。

 

「日本円に換算するとそんなに痛くないから、ま〜いいか。」

と思っていたら積み重なってかなり損することもあります。

 

 

ほとんどの場合、街を歩いていると

「どこいくの!トゥクトゥクに乗っていきなよ!」

と声をかけられます。

 

「モーチットバスターミナルまでいくら??」

 

「200Bで行ってあげるよ!」

 

「200B!?100Bでつれてって!」

 

「100B!?ノーノー!150Bだ!!」

 

「じゃあ結構です。さよなら。」

 

「分かった分かった!100Bでいいよ!!」

 

って感じで交渉していきます。笑

 

 

お土産売り場もそうですが

感覚的には大体相場の3倍くらいはボッタクろうとしてくるので

強気に行きましょう!

 

「じゃあ結構です。」

と言ったあとに「ちょっと待って!」

と引き止められたらまだ値切れると思って間違いないです。

 

普通利益が出ないなら、そんな客には早くどっかに行って欲しいですよね。

つまり、引き止めるってことはまだ利益が出るから引き止めるわけです。

 

チェンマイ行きのバスチケットを買う

タイトル通り、僕は英語が喋れません。

しかし、係員っぽい人に

「I want to go チェンマイ!」

と言い続け、指をさされた方向に

行き続ければチケットを買うことができました。笑

 

569B(約1700円)

 

ターミナルには沢山のチケット売り場があり、

方面別、クラス別(VIP,1st,など)に分かれています。

チケットの相場は500B~700Bで、ここでは決まった値段なので

交渉の必要はありません。

 

お好みの出発時刻のチケットを購入しましょう。

券の右には「meal ticket(食事券)」が付いています。

 

サービスエリアでのお楽しみ^^

 

f:id:mansellpos:20161127182426j:plain

 

バスは テレビ付き。

音楽やドラマ、現在位置の地図などを見ることができます。

f:id:mansellpos:20161127185433j:plain

ネッククッション、ブランケット付き

f:id:mansellpos:20161127185447j:plain

チョコパンケーキ、くるみパン、水500ml付き

f:id:mansellpos:20161127185451j:plain

緑茶も貰えます。

f:id:mansellpos:20161127185458j:plain

18時の出発から約5時間。

夜の23時くらいにサービスエリアに到着。

f:id:mansellpos:20161127185505j:plain

なんと高速バス利用者専用バイキング付き。

ここでさっきの「meal ticket」を出すと専用のバイキングスペースに

入ることができます。

f:id:mansellpos:20161127185514j:plain

このグリーンカレーがびっくりするくらい美味しかった。

f:id:mansellpos:20161127185527j:plain

午前4時にチェンマイのバスターミナルに到着。早朝過ぎた。。。

モーチットから21時発くらいだと、7時に着くので、そうすると丁度いいかもしれません。

f:id:mansellpos:20161127185533j:plain

チェンマイバスターミナルの位置はこちら↓

ゲストハウスや観光名所が集まる場所からは少し離れた場所にあります。

f:id:mansellpos:20161127202736g:plain

 

約10時間の旅と車内サービスやご飯バイキング付きでこの値段は

日本では考えられないですね。笑

 

英語が喋れなくても

基本的に地名や単語を言っていれば通じます。

 

注意事項としては

バスの中はクーラーがガンガンにかかっているので

かなり寒いです。笑

ウルトラライトダウンジャケットを持っていくことをお勧めします。

 

 

次回は『チェンマイの散策』と『コムローイ祭り』の記事をUPします。^^

ではでは。

広告を非表示にする