読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのすけ心理ブログ    心理×旅×人生

2浪して偏差値42、26歳で鬱病ニートになったダメ人間が、心理学で人生を変えられるが実験してみた。

人生の『意味』ってなに?

先日YouTube

「マスカットナイト」を見ていた。

 

AV女優やアイドルが

おぎやはぎとワーキャーする

バラエティ番組。

 

 

 

僕は昔AKB48が嫌いだった。

 

「素人軍団がテレビにでてんじゃねー!!」

と思っていた。

 

しかし、最近メディア関係の仕事も

あって

 

何者でもないクセに

素人の僕は緊張した。笑

 

 

でかいステージや

バラエティ番組で

芸能人に囲まれて

トークするって

 

かなりメンタル強くないと

できないと痛感したのだ。

 

 

とにかく明るい安村も、

面白いとは思わないけど

 

あの格好で

全国放送のテレビに出て

ネタをするメンタルって

 

かなりスゲー!笑

 

そして、同時に

 

僕らはそんな人のこと

どうとも思っていないのだ。

 

半裸になってネタをするお笑い芸人

顔面にパイをぶつけられるAV女優

 

それを見て笑うかもしれないが

ただそれだけなのだ。

 

テレビを消すと

自分の生活に必死で

そんな人たちのことなど

微塵も気にしてないのだ。

 

 

つまり他人からしたら

僕の人生、あなたの人生など

どうなろうが

誰もしったこっちゃないのだ!!

 

 

 

マスカッツのメンバーの

タモさんこと田森美咲さんが

番組内で

「生きている意味が分からないです。」

 

と言っていたが

 

生きている意味は、実はない。

 

生きていることに意味があれば

それは圧倒的「不自由」だ。

 

 

 

意味がないからこそ

好きに意味を付けることができる。

 

 

 

 

もし産まれた時点で

意味が確定していたら

たとえば

「お前は野球をするために産まれてきたんだよ」

と決まっていたら

 

 

やりたくなくても、野球をしなければ

いけないのだ。

 

 

しかし、そんなわけはない。

 

野球をしたくないなら辞めることができる。

 

それは

生きていることに意味がないからだ。

 

意味がないから

自分で好きな意味を付けていい。

 

 

旅がしたければ旅に出ればいい

踊りたければ踊っていい

歌いたければ歌っていい

 

 

自分の人生は自分でしか歩くことはできない。

 

自分が幸せになろうが、不幸になろうが

裸になって踊ろうが、だれも気にしてないのだ。

 

だったら好きなことした方がよくない??

 

広告を非表示にする