読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのすけ心理ブログ    心理×旅×人生

2浪して偏差値42、26歳で鬱病ニートになったダメ人間が、心理学で人生を変えられるが実験してみた。

ネットビジネスが流行るわけと宗教とスピリチャル

僕がPT(パーマネントトラベラー)に

なって1年。

 

明らかにTwitter上の

『1日数時間で月収100万円!気になったら

 DMください^^』系の人は増えた。

 

なんともセンスのない

プロフィール文が

稼げてないオーラ満載すぎて

このひと将来大丈夫かな

と心配する人は多いと思う。

 

こんな人に引っかかる人は

人生経験として

1回引っかかるべくして

引っかかる人だろう。

 

他人のビジネスに

とやかく言うつもりはないが

 

これからの時代

「個人で稼げる力」というのは

大事なキーワードになってくる。

 

組織で

コストを考えながらまわすのは

相当キツい時代になっている。

 

今やほとんどの大企業は

公庫からの借り入れによる

自転車操業だろう。

 

今後の技術レベルの発展から見て

50年後に残っている企業って

1%もないと思う。

 

最近で言うと

東京三菱UFJ銀行

仮想通貨の採用が話題になったが

 

内部では

リストラの準備が始まるころだろう。

 

景気の波とは

曲線を描きながら

上下する。

 

ニュースでは

『経済成長率は横ばい』と

危機感を煽らない言い方をしているけど

 

それは日本だけを見た場合で

世界的に見れば

日本はヤバい。

 

個人的にこれは

いい面があると思っていて

 

依存社会から

自立社会の成長になるきっかけだと

捉えている。

 

「自分で考えて生きる時代」

の到来だ。

 

しかし

景気が悪くなると

繰返されてきた1つの普遍的な歴史がある。

 

それが『スピリチャル』だ。

 

人の心が弱ったとき

占いや宗教は流行る。

 

頼るものがなくなった心は

優しい言葉をかけてくれる人の元へ行くのだ。

 

僕の知り合いにも

どっぷりハマっている人がいて

 

シンクロニシティ」やら

ハイヤーセルフ」などと言っている。

 

が、実際にその人の生活は何も変わっていない。

スピリチャルにつぎ込む金額は大きくなっていると

おもうけど…。

 

何とかっていう占いっぽいものを信じていて

誕生日を聞かれ

気質を調べてもらったが

 

まるっきり占い師の手法に騙されている。

僕はあくまでも心理学プロだ。

 

洗脳の方法や占い師の手法は

ある程度知っている。

 

しかし、面白いのは

当人は満足しているのだ。

 

その誕生日から

自分の運命を占ってもらって

満足している。

 

幸せそうなのだ。

「あなたは○○という才能があって

これから○○した方が良い」

という予言めいた言葉通りの

生活を送っている。

 

他人に人生を決めてもらった方が

幸せな人もいるのだ。

 

じゃあその占いまがいの

自己啓発

人を幸せにしているんだから

良いじゃないか。

 

皮肉っぽくなってしまったが

占いに頼らないと生きていけないほど

自分というものがない人がいるのを

知っている。

 

良い、悪いではなく

今後は依存と自立の

二極化になっていくと

思った。

 

 

 

広告を非表示にする